Þ•_ P *Z…'¤8Ì2 58 Tn “à W Fp D· /ü 5, -b F D× / 5L -‚ G° Uø NoD‹'Ðøœ §ÀÑê2Fe%ƒ"©Ì˜â{–´­Sba¶b]{©Ùƒ“#ª$Î(ó:P dqŒ™ « ÌØôë ö )5%U{Žž³Å‡×#_ƒo” 'd6!›½×󝢯¥R$ø]*{¦'Â4ê7 1W ‰ Á !Í!Jæ!I1"={"F¹"'#G(#Fp#:·#Cò#$6$S[$’¯$ B%c%xu%Rî%'A&i&-o''!­'Ï'î'?((M(Fv(@½(;þ(+:)3f)՚)p*3ƒ*·*r½+0,Á,‡R-¹Ú-”.³.`Ò.53/9i/@£/'ä/! 0.0.>0m0q0‡0? 0à09ü061çU1=5-Y5'‡5¯5HÀ59 6*C6n6*6¸6*Î6±ù6*«7Ö7Ÿð78  8ª8-Ã8lñ85^9%”9%º9+à9À :½Í:ɋ;.N_,;QYLK*9 UX0= WZ )2M<6%+JR8("@&GCBPD[EAT#^51H3F$IS O?\]V7':4 >/!- characters. Most search engines use a maximum of 160 chars for the description.%blog_description% - Your blog description%blog_title% - Your blog title%category% - Alias for %category_title%%category_description% - The description of the category%category_title% - The (main) category of the post%category_title% - The original title of the category%date% - The original archive title given by wordpress, e.g. "2007" or "2007 August"%description% - The original description as determined by the plugin, e.g. the excerpt if one is set or an auto-generated one if that option is set%page% - The page number%page_author_firstname% - This page's author' first name (capitalized)%page_author_lastname% - This page's author' last name (capitalized)%page_author_login% - This page's author' login%page_author_nicename% - This page's author' nicename%page_title% - The original title of the page%post_author_firstname% - This post's author' first name (capitalized)%post_author_lastname% - This post's author' last name (capitalized)%post_author_login% - This post's author' login%post_author_nicename% - This post's author' nicename%post_title% - The original title of the post%request_url% - The original URL path, like "/url-that-does-not-exist/"%request_words% - The URL path in human readable form, like "Url That Does Not Exist"%search% - What was searched for%tag% - The name of the tag%wp_title% - The original wordpress title, e.g. post_title for posts(Remember: Backup early, backup often!)404 Title Format:A comma separated list of your most important keywords for your site that will be written as META keywords on your homepage. Don't stuff everything in here.Additional Home Headers:Additional META:Additional Page Headers:Additional Post Headers:All in One SEOAll in One SEO Options Updated.All in One SEO PackAll in One SEO Plugin FeedbackAll in One SEO Plugin OptionsAll in One SEO Plugin Release HistoryAll in One SEO Plugin TranslationsArchive Title Format:As the name implies, this will be the title of your homepage. This is independent of any other option. If not set, the default blog title will get used.Autogenerate Descriptions:Category Title Format:Check this and SEO pack will create a log of important events (all_in_one_seo_pack.log) in its plugin directory which might help debugging it. Make sure this directory is writable.Check this and your META descriptions will get autogenerated if there's no excerpt.Check this for excluding archive pages from being crawled. Useful for avoiding duplicate content.Check this for excluding category pages from being crawled. Useful for avoiding duplicate content.Check this for excluding tag pages from being crawled. Useful for avoiding duplicate content.Check this if you want your categories for a given post used as the META keywords for this post (in addition to any keywords and tags you specify on the post edit page).Click for Help!Click here for SupportClick on option titles to get help!Could not download distribution (%s)Could not download distribution (%s): %sCould not open %s for writingCould not write to %sDescription Format:Description:Disable on this page/post:FAQFeedbackHome Description:Home Keywords (comma separated):Home Title:Keywords (comma separated):Log important events:Note that this is all about the title tag. This is what you see in your browser's window title bar. This is NOT visible on a page, only in the window title bar and of course in the source. If set, all page, post, category, search and archive page titles get rewritten. You can specify the format for most of them. For example: The default templates puts the title tag of posts like this: “Blog Archive >> Blog Name >> Post Title” (maybe I've overdone slightly). This is far from optimal. With the default post title format, Rewrite Title rewrites this to “Post Title | Blog Name”. If you have manually defined a title (in one of the text fields for All in One SEO Plugin input) this will become the title of your post in the format string.One Click UpgradePage Title Format:Paged Format:Part %page%Please make sure %s is writablePlease make sure that %s is writable.Post Title Format:Rewrite Titles:Search Title Format:Should I upgrade?Tag Title Format:The META description for your homepage. Independent of any other options, the default is no META description at all if this is not set.The following macros are supported:This is version This string gets appended/prepended to titles when they are for paged index pages (like home or archive pages).Title:TranslationsUpdate OptionsUpgrade failedUpgraded to newest version. Please revisit the options page to make sure you see the newest version.Use Categories for META keywords:Use noindex for Archives:Use noindex for Categories:Use noindex for Tag Archives:What you enter here will be copied verbatim to your header on pages. You can enter whatever additional headers you want here, even references to stylesheets.What you enter here will be copied verbatim to your header on post pages. You can enter whatever additional headers you want here, even references to stylesheets.What you enter here will be copied verbatim to your header on the home page. You can enter whatever additional headers you want here, even references to stylesheets.Project-Id-Version: all_in_one_seo_pack-ja POT-Creation-Date: PO-Revision-Date: 2008-04-11 14:10+0900 Last-Translator: Yoichi Kinoshita Language-Team: yoichi MIME-Version: 1.0 Content-Type: text/plain; charset=utf-8 Content-Transfer-Encoding: 8bit X-Poedit-Language: Japanese X-Poedit-Country: JAPAN X-Poedit-SourceCharset: utf-8 X-Poedit-KeywordsList: _e;__ X-Poedit-Basepath: C:\xampp\htdocs2\wordpress-me221\wp-content\plugins\all-in-one-seo-pack X-Poedit-SearchPath-0: wp-content\plugins\all-in-one-seo-pack 文字。ほとんどの検索エンジンでは160バイト以内としているようです%blog_description% - ブログの説明文%blog_title% - ブログ名%category% - %category_title% の別名%category_description% - カテゴリーの説明文%category_title% - 記事のメインのカテゴリー%category_title% - カテゴリーのタイトル%date% - ワードプレスによるオリジナルのアーカイブタイトル。例:「2007年」または「2007å¹´8月」%description% - プラグインで指定した説明文。抜粋が書かれていればその内容を、または後述の「自動説明文」が選択されていれば自動的に挿入。%page% - ページ番号%page_author_firstname% - このページ投稿者の名前(大文字)%page_author_lastname% - このページ投稿者の名字(大文字)%page_author_login% - このページ投稿者のログイン%page_author_nicename% - このページ投稿者のニックネーム%page_title% - ページのタイトル%post_author_firstname% - この記事投稿者の名前(大文字)%post_author_lastname% - この記事投稿者の名字(大文字)%post_author_login% - この記事投稿者のログイン%post_author_nicename% - この記事投稿者のニックネーム%post_title% - 記事のタイトル%request_url% - オリジナルのURLパス。例えば "/url-that-does-not-exist/"%request_words% - 人に判読可能なURLパス。つまり、検索されていた文字そのもの。例えば "Url That Does Not Exist"%search% - 検索されたもの%tag% - タグ名%wp_title% - ワードプレス上のオリジナルのタイトル(記事のタイトルの場合は post_title)。(留意: バックアップは早めに、バックアップは頻繁に!)404タイトルのフォーマット:メタキーワードタグとしてホームページに表示されるあなたのブログのもっとも重要なキーワードで、キーワードは半角カンマで区切ってください。なお、キーワードの詰め込み過ぎには注意。ホームページのヘッダーの追記:追加メタ:ページヘッダーの追記:記事ヘッダーの追記:オール・イン・ワンSEOオール・イン・ワンSEO オプションの更新完了オール・イン・ワンSEO パックオール・イン・ワンSEO プラグインのフィードバックオール・イン・ワンSEO プラグインのオプションオール・イン・ワンSEO プラグイン 更新履歴オール・イン・ワンSEO の他言語アーカイブタイトルのフォーマット:文字通りホームページのタイトルで、どのオプションからも独立した設定となります。入力がなければデフォルトのブログタイトルが自動的に設定されます。自動説明文:カテゴリータイトルのフォーマット:選択されたならば、デバッギングの手助けとなるかもしれない (all_in_one_seo_pack.log) というログをプラグインのディレクトリーに作成します。ディレクトリーはパーミッション777にしてください。選択されたならば、抜粋が書かれていない場合にメタ説明文を自動的に挿入します。アーカイブのページをインデックス(検索エンジンに登録)させない。コンテンツの重複防止に有効です。カテゴリーのページをインデックス(検索エンジンに登録)させない。コンテンツの重複防止に有効です。タグのページをインデックス(検索エンジンに登録)させない。コンテンツの重複防止に有効です。記事のカテゴリーをその記事のkeywordsタグとして使用したい場合は指定。記事投稿画面にて入力されたキーワードとは別に追加されます。ヘルプにはクリック!サポートにはクリックそれぞれのタイトルをクリックすればボックスの下に解説が現れます。(%s) をダウンロードできませんでした。(%s): %s をダウンロードできませんでした。書き込みのための %s を開けられませんでした。%s に書き込めませんでした。説明文のフォーマット:説明文タグこのページ/記事では無効にする:FAQフィードバックホームの説明文:ホームのキーワード(半角カンマで区切る):ホームのタイトル:キーワードタグ(半角カンマで区切る):イベントを記録する:これはタイトルタグです。ブラウザの一番上のタイトルバー、およびソースコードの中に表示されるものであり、ページの中で見ることはできません。選択されたならば、記事やカテゴリー、検索結果やアーカイブなど、すべてのページが書き換えられます。また、そのフォーマットの指定が可能です。例えば、少々大袈裟かもしれませんが、デフォルトのテンプレートですとタイトルタグは次のように表示されます:"アーカイブ >> ブログ名 >> 記事のタイトル" これは検索エンジン最適化からほど遠いものです。「タイトルの書き換え」を選択すると、例えば記事のタイトルタグは "記事のタイトル | ブログ名" という風に書き換えられます。下記に続く「フォーマット」にてそれぞれのページのタイトルタグを任意のものに指定できます。ワン・クリック更新ページタイトルのフォーマット:複数ページのフォーマット:パート %page%%s のパーミッション777であることをご確認ください。%s のパーミッションは777にしてください。記事タイトルのフォーマット:タイトルの書き換え:検索タイトルのフォーマット:更新するべき?タグタイトルのフォーマット:ホームページの説明文のメタタグです。どの設定からも独立した設定となり、入力がなければデフォルトでは何も表示されません。下記のマクロが使用できます。これはバージョン ページネート、つまり複数の連続ページがある時にタイトルに付け加えられます(ホームページやアーカイブなど)。タイトル:他言語オプションの更新最新版への更新に失敗しました。最新版への更新。必ずオプションページで最新版であることをご確認ください。カテゴリー名をkeywordsタグとして使用:noindexをアーカイブで指定:noindexをカテゴリーで指定:noindexをタグアーカイブで指定:ここで追記されたものはすべてのページのヘッダーに追加されます。外部スタイルシートの指定など、どのようなヘッダーでも追加できます。ここで追記されたものはすべての記事のヘッダーに追加されます。外部スタイルシートの指定など、どのようなヘッダーでも追加できます。ここで追記されたものはすべてのホームページのヘッダーに追加されます。外部スタイルシートの指定など、どのようなヘッダーでも追加できます。